悠久歯車

『特別なものづくり』をコンセプトに【悠久歯車】活動中★誹謗中傷、著作権侵害行為はダメ絶対!

カテゴリー "★雑談★" の記事

千歩


「千歩」って名前を決めたときの
メモ用紙が出てきた。

思い出した。

「千里の道も一歩から」

そこから千歩は生れた。
そうだ。思い出した。

いつでも、ここが第一歩だ。
無駄な事なんてない。

始めよう。また。
不器用なりに。
真っ直ぐに。
馬鹿なほど、真っ直ぐに。
スポンサーサイト

ただいま。

長らく体調不良や、
身内の不幸が続いていまして
元々心が弱い私は
情緒不安定な時期を過ごし、
向かうべき道を見失っていました。

が、

また、歩きだそうと思っています。
しばらく更新も止まっていたにも関わらず
このblogを閲覧してくださっている方が
一人でもいることを知り
このままではだめだ。

と、思い直しました。

追い詰められていた私に対して
責めるでもなく、
励ますでもない
ただ一言
「母はいつでもあなたの味方だから」
という母に言われた一言が、
現実逃避をしていた自分を奮い立たせてくれました。

その言葉に恥じぬように
無理せずに制作活動をしていこうと
再び思い直しました。

母も一度に両親を亡くし辛いはず。
なのに、娘の私を支えようとしてくれる。

私はそれに報いなければならない。

私が笑顔でいることで
母も笑っていてくれるなら
私はまた立ち上がれる。

私も母の笑顔を見ていたいから。

生きていく意味。
生かされている意味。

改めて考え直しました。

また私は歩こう。

作り手として
目指す方向が見えているのだから…

アルチンボルド展

先日、ずーっと行きたかった
アルチンボルド展へ行ってきました♡
自然物や動物、又は人工物で
人の肖像画を描く事で知られている
画家、アルチンボルド。



アナウンスが竹中直人と知り、
友人と早速ヘッドホンを借りまして入館!

まず最初に目に入ったのは
センサーで自分の顔を自然物で合成してくれる装置。
私はこんな顔になりました(笑)



一緒に撮ろうとしたら崩れちゃったので
もう一度やりなおしたら顔が変わりました(笑)


ユーモアたっぷりで、
凄く楽しかったですね。
連作があり、スケッチや、挿絵。

ずっと見ていたかったなぁ♡

ミュシャ展

13日の土曜日、
国立新美術館で開催されている
ミュシャ展に行ってきました♡

ミュシャというと、
切り絵のような、版画のような
ステンドグラスみたいなタッチで描かれている
ポスターイラストが有名ですが、
普通にカンバスにも
絵を描いていたんですね。

しかもサイズが規格外!!
どれも高さ3mもありそうな物ばかり!
その迫力ったらないです。

さらに絵を
枠外にはみ出して描く手法は
遠近が出て素晴らしく、迫力が違います。
ミュシャの表現力は
やはり現代イラストに
通じるものがありそうだと思いました。

絵の中の人物で、
必ず1人はカメラ目線!
というような具合で、
こちらが見ているのか
こちらを見ているのか

こんな具合に↓↓↓




宗教的な要素も強く、
さらに神秘的というか、
ファンタジックというか、
ミュシャ独自の表現なのだとおもいます。



両手を広げている描写も多かった↓↓↓




ただ雨だったので人が多く、
グッズコーナーなんて満員電車状態。
これ中央線ですか。
レジの待ち時間は40分弱!
某ネズミの巨大なテーマパークですか!?

クッタクタになったけど
楽しかったヾ(*´∀`*)ノ

腕が鈍るよりマシだと…

切り絵。
最近できてない。
練習もできてない。
絵もかけてない。

毎日毎日仕事に行くだけで
疲弊してしまって、
土日は来週の仕事のために充電の日々。

何が楽しくて生きてるんだっけ
何がしたくて仕事してるんだっけ

違う違う
私の行きたい道はこの道じゃない。

気づけばラフ画から進まず
切るとこまで行かないし
だからデザインナイフも
半年以上握ってない。

これはだめだ。

今まで図案本のものを切るのは
ここにのせられるのかわからなくて
切れずにいたけど、
図案本を買ってでもやろうって。
腕が鈍るよりマシだと
最近ヒシヒシと感じ、
今日買ってきました(●´ω`●)



ちょっとワクワク(`•∀•´)✧

栞も同時進行( =˘ω˘= )
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。