悠久歯車

『特別なものづくり』をコンセプトに【悠久歯車】活動中★誹謗中傷、著作権侵害行為はダメ絶対!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

千歩の悠久歯車の由来

最近になって友達に宣伝しまくったりして(笑)
ふと友達から

「悠久歯車ってすごい名前ね」

と言われたので
簡単ではありますが

「千歩」
「悠久歯車」

に込めた想いというか意味を書こうかなと思います。

まず「千歩」
千歩は本名ではありません。
「歩」という字は本名から持ってきたんですが
私がいつも初心に戻るときの座右の銘というのでしょうか

「千里の道も一歩から」

の「千」と「歩」
を使っています。
何事も初めに踏み出す一歩がたどり着く先への大事な一歩。
恐れずにいいことはなんでもチャレンジしたい決意を込めました。

次に
「悠久歯車」
自分でもゴツイなぁと思います(笑)

でもね、
歯車って一つじゃ空回ってしまうんですよ
人間に似てませんか?
よく「自分は社会の歯車の一つに過ぎない」
って嘆く方がいらっしゃいます。

が、
私は

「そのたった一つの歯車がないだけで全て動きが狂ってしまう」
「だから一人一人大事な存在なんじゃないか」

そう思うのです。
人それぞれ歯車の形も大きさも違いますが
私というひとりの人間の歯車が動いたとき
連なって周りも動いたり
周りの人達という歯車が動いたとき
私も動き出せるような

「歯車のように連鎖が永遠に続くようなつながりのある活動がしたい」

「悠久」という字は果てしなく長い道のりのことです。
私は私が死んでも作品は死なない
それは私が永遠に生き続らけること。

そんな作品が作りたいんです。

そしてこの活動に行き着くまでに血の滲むような苦痛もたくさん味わって
それでもこの道に戻って来れるよう支えてくれた
私の友達の字も頂いて込められています。

目に見えるもの
心で感じるもの
私の全て全部全部が今
大事で大切で
支えてくれる人たちに作品を作ることで返したい。

そんな気持ちを「千歩」と「悠久歯車」に込めました。

今後作品の展示販売も企画中です。
オーダーも企画中です。

これからもどうぞ千歩の悠久歯車をよろしくおねがいします!
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。