悠久歯車

『特別なものづくり』をコンセプトに【悠久歯車】活動中★誹謗中傷、著作権侵害行為はダメ絶対!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夢を笑うな

「最近の若者は夢がない」
っていう人が結構居ます。

でも若者たちが夢を語ると
「現実を見ろ」
って言います。

私はそれを聞くと
とても悲しくなります。

若者に夢をもてという傍ら
わざわざ夢を語らせておいて
そんなの無理だから現実を見ろと
小馬鹿にし笑い切り捨てる。

そもそも若者が
夢を持ってないわけじゃない。

「夢を持ったってどうせ…」

と思わせてるのは大半が
貴方達大人じゃないのか?

なんで後押ししてあげようって
ならないのか…
なぜ無理だと半ば無理矢理
道を他人が遮る必要がある。

やる気がある若者が
どんどん道を外れていくのは
本人だけのせいじゃないよね?

そもそもなぜ夢を語ると笑われるの?
なぜ夢に向かって頑張る人を
馬鹿にできるの?

夢をつかもうとしてる若者は
貴方達の暇つぶしの道具じゃない。

目標を持ってる人たちは
それだけで輝いているのに
なぜわざわざ
くすませるようなことをするの?

どうして熱く意見をいう人を
嘲笑うの?

何かに熱中する事は
馬鹿にされるほど滑稽ですか?

熱中できることさえも才能だとは
思えませんか?

あー言えばこう言うって
言わせてるのは
貴方達大人じゃないですか?

せっかく
理解してもらえるかもしれないと
語った夢を
無下にしないでください。
馬鹿にしないでください。

若者たちは若者たちの
「今」を「未来」に向けて
一生懸命生きています。

どうか
聞く耳を持ってください。
理解しようとする心を持ってください。

若者たちの可能性を
どうか奪わないでください。
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。